トップ

レーザー

歯科に行った後に出される薬

歯科で診察を受けた後に出される薬として多いのは、まず痛み止めです。これは、抜歯を行った後の痛みを和らげる目的で出されるケースと、虫歯の痛みを和らげるケースで出される場合があります。虫歯の治療は、初診ですべて行うわけではないので痛み止めが必要なのです。そして、抗生物質も歯科でよく出される薬の一つです。抗生物質が効くのは、歯茎などにばい菌が入って化膿したケースです。このような場合、非常に強い痛みを伴いますが、痛み止めでは痛みを抑えられても化膿を治すことは出来ないので、抗生物質を出して化膿自体を治療するのです。

歯医者でもらう薬とは

歯磨きが面倒くさかったり、忙しくて出来なかったりすると、知らないうちに虫歯になってしまうものです。日常生活にまで影響する痛みが出てきたときにようやく危機感を感じ、歯科医院に駆け込んだ経験をした方は多いでしょう。歯医者に通うのも勇気がいりますが、痛みを改善するためには避けては通れないです。治療が終わり、会計時に薬を渡されることもあります。抗生物質は治療後の炎症や腫れを抑えるのでとても重要なものです。また抜歯をした場合、麻酔の効果が切れると痛みが発生する場合があるので、そうしたときに即効性がある痛み止めも出ます。歯科医院からもらう薬もきちんと飲みましょう。

↑PAGE TOP